地デジ放送とアンテナ

2011年7月24日にテレビ放送が、それまでのアナログ放送から地上デジタル放送へと切り替わりました。これにより放送がすべてデジタル化され、アナログ時代ではできなかった様々なデータ通信が可能となり、画像もきれいでノイズもなく高音質な放送を楽しめるようになったのです。

さて、この地デジ放送ですが見るために必要なものがあります。それは地デジ用のアンテナです。アナログ用のアンテナでは対応できないため、新たに地デジアンテナを設置しなければなりません。つまり、地デジ放送は地デジアンテナにより受信できるのです。これは、アナログ放送と地デジ放送の電波の違いからくるもので、アナログ放送はVHFアンテナとUHFアンテナで受信していましたが、地デジはUHFアンテナで受信するようになりました。

関連資料[地デジアンテナの取付工事を行っている棟梁ドットコム

ただ、アナログ時代のUHFアンテナでは完全に地デジを受信することはできません。その地区の地デジ放送局の受信チャンネルに対応していないと、放送は見られませんし、送信所の方向が変わるとアンテナの向きも変えなければいけません。さらに、テレビ側にもチューナーが必要となりますので、やはりアナログ用のUHFアンテナを引き継いで使っていくよりは、新たに地デジアンテナを設置するほうがより地デジを楽しめることでしょう。

Writen by admin