地デジアンテナが必要なわけ

アナログ放送から現在の地デジ放送に切り替わって久しいわけですが、その切り替え時にテレビの買い替えと共に、アンテナの設置も行った記憶があるはずです。つまりそれまでのアナログ放送を受信していたVHFアンテナでは、UHFの地デジ放送は受信できないためアンテナの切り替えも必要となったのです。このサイトは、地デジを見るために何故地デジアンテナが必要なのか、その理由を説明します。

アナログ放送はVHFとUHFの電波で放送されていました。しかし、地デジ放送はUHFの電波を使うため、それまでのVHFのアンテナは使えなくなったのです。もちろんアナログ用のUHFアンテナでも受信はできるのですが、色々と問題が生じてくる心配があります。地デジ放送は放送をデジタル化したため、アナログとは比較にならないくらい多くの情報を送れるため、それらを充分に活用するためには、やはり地デジアンテナが必要なのです。

アナログ放送は、強風や雪、大雨など気象条件に大きく左右されました。画面が乱れたり音声が途切れたりということは珍しくなく、放送が途切れることもありました。しかし地デジ放送ではこういった心配はまったくなく、どのような状況でもきれいな画質と音質を保っています。さらに、地域のニュースや気象情報など生活に関わる情報をいつでも見られますので、いちいちニュース番組が始まるのを待たなくてもよくなりました。このように、地デジ放送は大変便利なもので、それを楽しむには地デジアンテナが必要なのです。