地デジ放送の魅力

地デジ放送には、専用のUHFアンテナが必要となります。地デジアンテナを設置することで、様々なデータ通信やサービスが受けられるのです。では、地デジアンテナで受信した地デジ放送はアナログ放送と比べどのようなメリットがあるのでしょう。

アナログは、台風などの強風や大雨に影響を受けました。ノイズが入ったり、画面が乱れたりということはよくあったのです。しかし地デジアンテナで受信した画像は、そういった心配がありません。いつでもきれいなデジタルハイビジョンを楽しめるのです。また音質もよく、音楽番組などはアナログでは味わえない臨場感があります。

他にも、テレビの番組表も1週間先まで表示されますから、大変便利になりました。また、ニュースや気象情報、交通情報など生活に関わる情報を、24時間いつでも見ることができますから、忙しい現代人には有難いサービスと言えます。さらに、映画やドラマなどを見る際には、字幕放送が楽しめます。海外映画を吹き替えなしで見られるのです。このように、地デジ放送により情報がデジタル化されたため、多くの情報をやりとりすることができるようになりました。地デジは専用の地デジアンテナがあることで、そのサービスを利用できるのです。

地デジ放送とアンテナ

2011年7月24日にテレビ放送が、それまでのアナログ放送から地上デジタル放送へと切り替わりました。これにより放送がすべてデジタル化され、アナログ時代ではできなかった様々なデータ通信が可能となり、画像もきれいでノイズもなく高音質な放送を楽しめるようになったのです。

さて、この地デジ放送ですが見るために必要なものがあります。それは地デジ用のアンテナです。アナログ用のアンテナでは対応できないため、新たに地デジアンテナを設置しなければなりません。つまり、地デジ放送は地デジアンテナにより受信できるのです。これは、アナログ放送と地デジ放送の電波の違いからくるもので、アナログ放送はVHFアンテナとUHFアンテナで受信していましたが、地デジはUHFアンテナで受信するようになりました。

関連資料[地デジアンテナの取付工事を行っている棟梁ドットコム

ただ、アナログ時代のUHFアンテナでは完全に地デジを受信することはできません。その地区の地デジ放送局の受信チャンネルに対応していないと、放送は見られませんし、送信所の方向が変わるとアンテナの向きも変えなければいけません。さらに、テレビ側にもチューナーが必要となりますので、やはりアナログ用のUHFアンテナを引き継いで使っていくよりは、新たに地デジアンテナを設置するほうがより地デジを楽しめることでしょう。

地デジアンテナが必要なわけ

アナログ放送から現在の地デジ放送に切り替わって久しいわけですが、その切り替え時にテレビの買い替えと共に、アンテナの設置も行った記憶があるはずです。つまりそれまでのアナログ放送を受信していたVHFアンテナでは、UHFの地デジ放送は受信できないためアンテナの切り替えも必要となったのです。このサイトは、地デジを見るために何故地デジアンテナが必要なのか、その理由を説明します。

アナログ放送はVHFとUHFの電波で放送されていました。しかし、地デジ放送はUHFの電波を使うため、それまでのVHFのアンテナは使えなくなったのです。もちろんアナログ用のUHFアンテナでも受信はできるのですが、色々と問題が生じてくる心配があります。地デジ放送は放送をデジタル化したため、アナログとは比較にならないくらい多くの情報を送れるため、それらを充分に活用するためには、やはり地デジアンテナが必要なのです。

アナログ放送は、強風や雪、大雨など気象条件に大きく左右されました。画面が乱れたり音声が途切れたりということは珍しくなく、放送が途切れることもありました。しかし地デジ放送ではこういった心配はまったくなく、どのような状況でもきれいな画質と音質を保っています。さらに、地域のニュースや気象情報など生活に関わる情報をいつでも見られますので、いちいちニュース番組が始まるのを待たなくてもよくなりました。このように、地デジ放送は大変便利なもので、それを楽しむには地デジアンテナが必要なのです。